Topics

トピックス

2019年4月1日の日本経済新聞の朝刊記事より

2019年4月1日の日本経済新聞の朝刊記事に

女性が長く働ける職場 ~「制度」より「理解」求める~

という記事が掲載されました。

現在、人手不足が深刻な問題となっておりますが
今後、50年前後の間に、労働力人口は4割減少する見込みとなっています。

今ある仕事を約半分の従業員でこなすとなるとゾッとします…。

その対策として、
政府は働き方改革を実施し、現在の「成年男子主体」の労働力構成を変えて
労働力を確保していこうと取り組んでいるわけです。

多様で柔軟な働き方を「選択できる」ような環境づくりですね。

記事にあるとおり、女性が長く働ける職場となるには
さまざなハードルがあります。

しかし、企業が成長し続けるためには、
女性はもちろんのこと、高齢者も働けるようなしくみ、
また子育てや介護などのために仕事から離れていた人たちも働けるような労働環境にしていく必要があります。

私たちも、そのような環境づくりに貢献できるように日々精進します!

<半仁田>